みなさんこんにちは!
ゆるむスクール代表須藤です。

みなさんは整体の効果を具体的に体感した事はありますか?

体感した事のある方にとっては整体の効果は疑う余地がない事実だと思いますが、体感した事がない方にとってはエビデンス(証拠・根拠)が欲しい所だと思います。
一般的には、写真による姿勢改善のビフォーアフターであるとか体験者の声とかを紹介している整体院が多いようです。

当スクールの運営する整体院「自然整体ゆるむ」では体験者の声をHPに載せていますが、ご来院くださったクライエント様には「ホメオスタシス(身体の恒常性)安定」などの身体の変化を施術前後に各種測定機材を使って確認いただいております。
クライエントのみなさまには、体感覚のみでなく計数的に確認していただくことで療法の効果を実感いただいております。

そこで、ゆるむスクールのブログをお読みくださるみなさまにも自然無痛整体療法の効果を計数的に紹介したいと思います。
当スクールが運営する整体院で測定しているのは血中酸素飽和度・脈拍・血圧・体温・身長の5つです。

今回は、【血中酸素飽和度と脈拍測定】について紹介します

血中酸素飽和度とは簡単に言うと血液中の酸素量の事です。
SPO2と呼ばれ、値は%で示されます。
最高値100%、正常値99~96%と言われています。
脈拍は、みなさんご存知の通りです。

自律神経が乱れると・・・

肺胞を取り囲む毛細血管及び全身の毛細血管は縮小する為、血中酸素飽和度は低下してしまいます。
全身の60兆個といわれる細胞に酸素が十分に行き渡らない状態になってしまいます。
なんか息苦しいとか、元気が出ない、手足が重いといった状態です。
そんな時、一般的には脈拍は少し高くなります。

自然無痛整体療法の施術後【血中酸素飽和度】の数値が増加し【脈拍】の数値が減少していれば、ホメオスタシス(身体の恒常性)が安定して息苦しさや倦怠感が改善したことが計数的に確認出来るという事です。

測定に使っている器材はパルスオキシメーター(SPO2測定器)

指先に装着して爪の上から動脈血液の血中酸素飽和度(SPO2)と脈拍を測定します。

実際の測定状況は次の通りです

施術後の血中酸素飽和度は、測定者(10人)全員が増加しています。
平均増加率は1.8%でした。
施術後の脈拍は、測定者10人中9人が減少しています。
平均減少数は5.8回でした。
増加したお一人は若干徐脈(脈拍が少なすぎる事)気味で、施術後に適正化したと思われます。

この結果は、次の三つによりホメオスタシス(身体の恒常性)が整ったことを計数的に示しています。

一つは、副交感神経が働き肺胞を取り囲む毛細血管が拡張して肺の酸素供給能力が向上し血中酸素飽和度が増加したという事です。
一つは、副交感神経が働き全身の毛細血管が拡張して細胞内への酸素の取り込み能力が向上し血中酸素飽和度が増加したという事です。
一つは、副交感神経が働き血液循環が改善して脈拍が安定(減少)したという事です。

自然無痛整体療法が【血中酸素飽和度及び脈拍】を整える効果を計数的にご確認いただきました

エビデンスというには測定者の母数が少なすぎるので、あくまでも一例として捉えていただければ幸いです。

この自然無痛整体療法を詳しく知りたいと思う方は、整体セラピスト養成コースのプレセミナーにご参加ください

詳しくはこちらのプレセミナーページをご覧ください。

今回は、自然無痛整体療法がホメオスタシス(身体の恒常性)を安定する効果の一端を【血中酸素飽和度及び脈拍】という視点で紹介させていただきました。
次回は、自然無痛整体療法のホメオスタシス安定効果を【体温】という視点で紹介いたします。

今日も最後までお読みいただきありがとうございました。

Share