ゆるむ整体&整腸 開業コースには、心理学の授業を担当しています。

日々心理カウンセリング業務を行ってるのですが、心理カウンセリングを利用するのは、自分の悩み解決だけでなく、スーパービジョン(SV)といって心理カウンセラーさんのカウンセリング業務についての相談を受けることもあります。

SVの中で一番多いご相談は、「悩み解決のための方法をクライアントと確認して後は実行するだけなのに、なかなかしてくれない」あるいは「続かない」というものです。

これは、整体師とクライアント様との間でも起こることではないかと思います。

自分自身に照らし合わせても、何か目的を達成する方法が見つかったとしても、「はい、では!」とすぐに実行できるかというと、なかなか難しいこともありますよね(笑)。

実は、行動を起こす、そして次にそれを習慣化するには、自分の脳との格闘になります。

私たちの生まれ育った環境、両親の考え方、出会った人から受けた影響、経験したことを含め、知らず知らずのうちに思考パターンをもっています。

そのパターンを変えるにはちょっとした工夫が必要となるのですが、(詳しくは講座でもお伝えしています♪)

要は私たち自身の脳とうまくつきあっていくことが必要になります。

 

まだまだ心の悩みは原因追及というイメージが強い心理学ですが、最近では脳科学の時代に入っています。

例えば「早く失恋のショックから解放するには?」あるいは「幸せな結婚が長く続くには?」など自分の脳の仕組みを知ることで、方法が解明されています。

もちろん、周囲の人間関係と良好な関係を続けるには?整体院に来られたクライアント様を深く理解し、できるだけ早く健康を取り戻すための寄り添い方などについても、心理学は大きく役立ちます。

昨今本屋さんに行けば、様々な種類の心理学本を見かけるようになりました。それだけ、心の悩みを持たれる方も多いのだなぁと感じます。

心の悩みは、必ず身体にも表れます。

整体セラピストを目指される皆様も、クライアント様の身体に触れることで、心にも触れていくことになりますので、ぜひ心理学を活用していただきたいと思います。

Share