皆さんにとって、「コミュニケーションが上手な人」のイメージはどのようなものでしょうか。

よく耳にするのが「誰とでもすぐに仲良くなれる人」「初めての人とでも積極的に話しかけることができる人」「話題を途切れさせない人」という外向的なイメージです。

もちろん、それができる人は素晴らしいですが、一方できないからといってコミュニケーション下手だとはいえません。

ユング心理学では、人の性格を外向と内向に分けた場合、自分がどちらの割合が強いか、という特性を知ることが大切だとしています。

つまり、100%外向的な人はいない反面、100%内向的な人もいないのです。

極端な話、365日四六時中外向的な人はいませんし、365日内向的な人はいないですよね。

内向的な人も慣れ親しんだ人間関係では、緊張せずにリラックスして会話を楽しくことができていると思います。

つまり、場に慣れさえすればいいのです。

そして話しかけるのが苦手であれば、聞き役に徹するのです。

コミュニケーションは話し手と聞き手がいて、成立します。

話題豊富に話しかけるのが苦手、と思われる方は、まずはじっくり聞き役に徹してみてはいかがでしょうか。

 

講座では、初めてお会いする方のコミュニケーションタイプを判別して、自分自身が余裕をもって接することができる技術や、

さらに聞き上手になる技術もお伝えしています。

 

Share