梅もチラホラ咲き始めましたね・・。
寒い寒い冬ももう少しで終わりです。
春に向けみなさん頑張ってまいりましょう。
 
最近の整体現場ではクライエント様に施術をしている時間よりお話をしている時間の方が長い様に感じています。
特にこの冬場は身体の不調とともに心理不安やイライラなどの精神的なストレスを訴える方が大変多いです。
そんな場面では、施術とともに次の三つをお伝えしています。
①精神不安を解消する為の栄養摂取の重要性
②精神不安を解消する自己療法(習慣・運動含む)
③ストレスを感じにくくする思考法
 
③の思考法については、当スクールの推薦図書にある「嫌われる勇気」の著者でもある岸見一郎氏が広く紹介しているアドラー心理学の考え方を紹介してます。
アドラーさんの考え方に「自分でコントロールできない事をコントロールしようとしない」というものがあります。
精神不安を抱える多くの人たちは、考えなくても良い事を延々と考えたり、自分ではどうしょうもない事を一生懸命悩んだりしています。
 
そんなクライエント様には、コントロールできない事は手放した方が良いですよ。
と・・お伝えしています。
そして手放すための方法をお伝えしています。
 
手放す方法は様々です。クライエント様の状況や個性に応じて手を変え品を変え・・。
コーピング・マインドフルネス・ヨガの呼吸法・自律訓練法・タッピングなど・・様々です。
 
もちろん整体施術による効果が一番高いのですが、施術日と施術日を繋ぐ日々の方策として紹介しています。
なかには、一見そんなアホな・・と言われるような方法もありますが・・・。
みなさん一生懸命に取り組んだ下さり、なかなかの効果を発揮しています。
 
こんな感じで・・整体現場はクライエント様への教育現場(おこがましい言い方かもしれませんが・・ご容赦ください)でもあるわけです。
クライエント様を健康に導くリーダー・・・それが整体セラピストの役割なのですね。
ゆるむスクールでは、整体の技術・知識ばかりでなく、クライエントを健康に導くあらゆる方策をお伝えしていきます。
Share