ゆるむ整体&整腸セラピストスクール、心理学&栄養医学担当、あさのれいこです。

 

心理カウンセリング場面で時々

「カウンセリングを受けていると、絶対よくなりますか?」

というご質問をいただくことがあります。

 

きっと、ボディセラピスト様たちも、施術場面でそのような質問をいただくことは、一度は必ずあるのではないでしょうか。

 

絶対、、、というと100%ということですよね、、、

絶対とは言い難いなぁ、と言い淀んでしまいますか?

それとも「言葉薬(ことばぐすり)」と割り切って、「絶対大丈夫ですよ」とお答えしますか?

 

私は初めてこの質問をいただいたとき、即答はできず、後で考えてしまいました。

絶対とは?100%の保障、ということですよね。

 

数ある治療法、そして数ある整体院の中で、「ここが絶対自分に合っていて正しい選択だ」ということが事前に保障されていれば、どれだけ安心でしょう。

 

治療だけではありません。

よくよく考えてみると、人生は朝起きた時から選択の連続です。

 

 

 

 

 

 

人生の度重なる選択を迫られる場面にて、「こっちを選んだ方が、絶対正しい」と事前に分かっていれば、後悔のない人生を歩んでいけるとどれだけ楽で安心でしょう。

そうやって考えてみたら、絶対の保障なんて、世の中にそうそうないのかもしれません。

だからといって、考え無しにやみくもに飛び込むというのは、大きなリスクがあります。

何かしら自分の中で情報を整理して、よりよい選択枝として選んだのであれば、それを「選んで良かった」としていくしかないのですが、施術場面でお客様にそのまま伝えるのは、突き放してしまうような、ちょっぴり冷たく感じさせてしまうかもしれませんよね?

では、どんな風に伝えれば良いのか。

お客様のコミュニケーションタイプ別に応じた、伝え方がちゃんとあるのです。

そんなことも、講座ではお伝えいきたいと思います。

 

Share