当スクールの療法「自然無痛整体療法」は、痛みの緩和にとても効果が高い療法です。

今日は、当スクールで学べる自然無痛整体療法(無痛整体と腸もみを融合させた全身療法)が、何故痛みの改善に高い効果を発揮するかを簡単に紹介いたします。
まずはじめに、痛みの種類について紹介します。
ケガや病気による急激に発生する痛みが急性痛です。
ケガや病気の急性期を過ぎて身体の傷も病気も良くなっているのに慢性的に痛む場合があります。これが慢性痛です。
急性痛と慢性痛は痛みの機序が異なりますが、自然無痛整体療法はいずれにも対応いたします。
当スクールの療法が痛みを改善する理由は次の5つが可能だからです。

①皮膚の感覚受容器からやさしい刺激を脳神経に送り痛み信号を緩和する

②筋肉をゆるめて筋肉の緊張による神経刺激を緩和する

③血流やリンパの流れを促進して発痛物質の滞留を抑制する

④腸内環境改善により痛み抑制ホルモンの分泌を促す

⑤脳神経の痛みの記憶を脳神経可塑性(少しずつなら変化する脳神経の特性)を活用して和らげる

具体的にはスクールにおける講義で学んでいただけます。
「ゆるむ整体&整腸セラピスト養成スクール」は、痛みに高い効果を発揮する本物の療法を学べるスクールです。

 

8月27日及び9月24日に実施するプレセミナー&勉強会にてスクールの実際を体験できます。

プレセミナー&勉強会
ゆるむスクールはあなたのチャレンジを応援いたします。
今日もお読みいただきありがとうございました!

 

Share