カラダのゆがみが気になって整体に通う方多いのではないでしょうか?

また、整体院もゆがみが不調の原因であり・・ゆがみを正せば症状がよくなる・・などと喧伝しているところがとても多いですね・・。

当スクールで提唱している自然無痛整体療法・・いわゆる無痛整体では、ゆがみは結果であると捉えます。

そう・・あくまで結果なんです。

なのでゆがみを力任せに是正しても根本改善には繋がらないと当スクールではお伝えしています。
ゆがんでいても良いのか?? そうではありません・・。

ゆがみの根本原因を整えなければ意味がないとお伝えしています。
体骨格は、拮抗する筋肉のバランスで適正な位置に保たれています。

筋肉の疲労や偏った姿勢により筋肉バランスが崩れると身体はゆがみます。

その根本は筋肉をコントロールしている脳神経にあります。
とっても簡単に言うと・・身体全体に働きかけて脳神経にアプローチして筋肉バランスを整えて・・結果としてゆがみを改善して不調を取り除く・・という事です。

 

 

こういった内容について・・何故??どうして??を当スクールでは学ぶことができます。

 

たとえば・・

 

 

 

 

 

 

写真はテンセグリティ―モデルと言われる構造模型です

テンセグリティーモデルとは、数学者のバックミンスター・フラーが普及させた「張力のバランスによって全体の構造の安定が保たれる」という仕組みです。

人の骨格もこの構造に似ています。

筋肉・靭帯・筋膜などあらゆる生体組織の張力バランスにより保たれています。

一部分を強く押したり強制したりしても全体のバランスは整わないのですね・・。

全体に働きかける事が大事です。
今日もお読みいただき有難うございました

Share